北米最高峰マッキンリー山、83フィート低かった 最新技術測量で

北米最高峰のマッキンリー山 (C)John Pennell/Defense Dept

北米最高峰のマッキンリー山 (C)John Pennell/Defense Dept

(CNN) 北米最高峰のマッキンリー山の標高が、従来信じられていた6194メートルよりも83フィート(約25メートル)低かったことが明らかになった。

マッキンリー山のあるアラスカ州のトレッドウェル副知事は11日に声明を出し、新しい測量技術を使って測定した結果、実際の標高は6168メートルだったと発表した。

声明は、アンカレジで開催された国際古地図収集家協会のシンポジウムで出された。副知事によれば、従来の6194メートルという標高は、1952年に写真測量技術を使って測量されたという。

ところが昨年、米内務省地質調査部とアラスカ州がレーダー測量システムを使った測量したところ、実際には25メートル低かったことが判明したという。

もっとも地元の人たちは、デナリ(アラスカでの呼び名)が多少低くなったところで気にもとめていないようだ。

アラスカ州在住の登山家ニック・パーカーさんは地元紙に対し、「高い山であることにも難しい山であることにも、寒い山であることにも変わりはない」とし、「テキサス州(の山)より低かったとでも言うなら話は別だが」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]