「スーパームーン」、各地で観測 工夫凝らして撮影

14.月をパンケーキに見立てた撮影に、夫婦で挑戦。ちょうどいいサイズに調節するのは意外に難しかったという

14.月をパンケーキに見立てた撮影に、夫婦で挑戦。ちょうどいいサイズに調節するのは意外に難しかったという

(CNN) 月が地球に最も接近する時と満月が重なる現象「スーパームーン」が米東部時間23日午前(日本時間同日午後)に起きた。

米航空宇宙局(NASA)によると、スーパームーンは通常の満月に比べ、大きさが14%、明るさが30%増して見える。ほぼ年に一度のペースで観測され、次回は来年8月となる計算だ。

スーパームーンは各地で観測され、「パックマン」に食べられるスーパームーンや、月をパンケーキに見立てた写真、月をつかまえる息子の姿など、工夫を凝らしたさまざまな写真が撮影された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]