「スーパームーン」 地球に最も近い満月

きょうは「スーパームーン」

(CNN) 月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」という現象が、米東部時間23日午前7時32分(日本時間同日午後8時32分)に起きる。

米航空宇宙局(NASA)によると、スーパームーンは通常の満月に比べ、大きさが14%、明るさが30%増して見える。ほぼ年に一度のペースで観測され、次回は来年8月となる計算だ。

今回は米東海岸などで日の出の後となり、月自体が最接近直前に沈んでしまう地域もあるが、西海岸ではタイミングよく観測できる見通し。

月は地球から約35万7000キロの距離まで近づく。NASAによれば、通常の満月に比べて潮の満ち引きや地震活動への影響が大きくなる恐れはない。2週間後になると、月は地球から約40万7000キロと、最も離れた位置まで遠ざかるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]