2018年に火星へ有人飛行? 米非営利団体が発表へ

2013.02.22 Fri posted at 10:21 JST

[PR]

(CNN) 米国の非営利団体が27日に米首都ワシントンで記者会見を開き、火星への往復飛行計画を発表する。打ち上げは2018年を予定しているという。

火星飛行を計画しているのは「インスピレーション・マーズ財団」という団体。発表資料には有人飛行とは明記していないものの、同団体は「今後の成長、国家繁栄、新たな知識、グローバルリーダーシップのために欠かせない原動力として、米国の有人宇宙探査を加速させる」との目標を掲げている。

火星への往復は、501日間かけて実現させる計画。「米国のためのミッション」というプロジェクト名には、「困難な仕事の達成が我が国を偉大にするということを、全ての米国民が再び信じて努力するよう促す」願いを込めた。

資金をどこから拠出するのか、搭乗者をどうやって生還させるのかといった問題については、現時点では言及していない。

財団を率いる米富豪デニス・ティト氏は、2000万ドル(約19億円)を費やして、2001年に民間人として初めて国際宇宙ステーションを訪問した人物。1960年代前半に米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所に勤務し、無人探査機「マリナー」の火星軌道への打ち上げにかかわった経歴を持つ。

メールマガジン

[PR]