ワークアウトはプラスチック製のかごの中で、米トレーニングジム

新型コロナの感染防止を目的としたワークアウト用のかごが開発された/Courtesy Inspire South Bay

新型コロナの感染防止を目的としたワークアウト用のかごが開発された/Courtesy Inspire South Bay

(CNN) 全米各地でレストランやジムの営業再開が許されるなか、安全性については依然として不透明なままだ。専門家からは特にトレーニングジムに対する懸念が出ている。他人との距離の確保が難しく、汗をかくなどするためだ。

米カリフォルニア州レドンドにあるインスパイア・サウス・ベイ・フィットネスのオーナー、ピート・サプシンさんは営業再開に向けて顧客が安全だと感じられるよう独創的な取り組みが必要だと考えた。

サプシンさん夫妻は、クラスの人数を削減するとともに、レッスン中に社会的距離の確保ができるようプラスチック製のワークアウト用のかごを考え出した。

サプシンさんによれば、当初はマスクの着用を義務付けることを検討したものの、呼吸ができないことがわかった。そのため、マスク着用の義務付けはやめた後、かごが思い浮かんだという。

かごはシャワーカーテンやポリ塩化ビニル製のパイプなどでできており、試作品は400ドルかからなかった。

「かご」の中で運動する人たち/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images
「かご」の中で運動する人たち/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images

顧客に試作品を送ったところ、他人との間にある透明な壁で安心できるなど好感触だった。かごの大きさは幅約180センチメートル、高さ約300センチメートル。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、創造的な取り組みをすすめている実業家はサプシンさんだけではない。一部のレストランではステンドグラスで壁を作ったり、植物を置いたりして安全を保とうとしている。オランダの首都アムステルダムのレストランには利用者を分けるためのビニールハウスも登場した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]