カナダ旅客機、離陸直後に車輪脱落で引き返す 乗客が瞬間の映像を投稿

エア・カナダ・エクスプレスの旅客機が、離陸直後に車輪が脱落するハプニングに見舞われた/Ryan Remiorz/The Canadian Press/AP

エア・カナダ・エクスプレスの旅客機が、離陸直後に車輪が脱落するハプニングに見舞われた/Ryan Remiorz/The Canadian Press/AP

(CNN) カナダのモントリオール国際空港を飛び立ったエア・カナダ・エクスプレスの旅客機が、滑走路を離れた直後に着陸装置の車輪が脱落するハプニングに見舞われた。

ジャズ航空が運航する8684便(ダッシュ8―300型機)は3日、乗客49人を乗せ、モントリオールから約370キロ北部のバゴットビルへ向かう予定だった。車輪の脱落を受け、同機は方向転換して引き返し、無事に着陸。けが人はいなかった。

乗客のうち1人は、同機の左側の着陸装置から車輪が脱落する瞬間を動画に収め、ソーシャルメディアで共有した。投稿には、「私は今、車輪を失った飛行機に乗っている。2020年はいいスタートを切った」と皮肉交じりのコメントが添えられている。

ジャズ航空の広報はコメントを発表し、「経験豊富な操縦士が同機の完全なコントロールを維持した」「我々の操縦士はこうした状況に対応するための訓練を積んでおり、標準的な運航手順に従って対応した」と説明した。

緊急車両は「万が一の場合に備えて」手配したと広報は述べ、「原因の究明に向けてモントリオールの整備士が徹底検査を行っており、必要な修理を実施する」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]