サイバートラックのガラスが割れた理由は? マスクCEOが「説明」

テスラの新型車、「割れない窓ガラス」のはずが・・・

(CNN) 電気自動車(EV)メーカーの米テスラは先ごろピックアップトラックの「サイバートラック」を発表したが、「割れない」とされていたガラスが発表会でのデモンストレーションで割れてしまった件について、同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が割れた理由について「説明」を行った。

サイバートラックの発表会では、金属製のボールを運転手側の窓にぶつけるとガラスにひびが入った。後部座席のガラスに金属製のボールをぶつけても同じようにひび割れた。

マスクCEOのその後の説明は、ひびの入ったガラスの横で行われた。

発表会で説明を行うマスクCEO/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images
発表会で説明を行うマスクCEO/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images

マスクCEOは24日夜、これについての説明を行った。窓ガラスに金属製のボールが投げられる前にサイバートラックの扉が大きなハンマーでなぐられていた。これは車体のパネルの強度を示すためのデモンストレーションだった。しかし、マスクCEOによれば、ハンマーによる打撃がわずかながらガラスにも影響していたという。

マスクCEOはツイッターへの投稿で、「ハンマーによるドアへの衝撃がガラスの基部にひびを入れたため、金属製のボールが跳ね返らなかった」と説明。次回のデモンストレーションでは、最初に窓に金属製のボールをぶつけて、それから、ハンマーでドアをたたくことにするとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]