「操縦室に機内トイレの隠し撮り映像」、乗務員が提訴 米航空

操縦士がトイレに隠しカメラを設置していたなどとして、客室乗務員が訴えを起こした/Bruce Bennett/Getty Images

操縦士がトイレに隠しカメラを設置していたなどとして、客室乗務員が訴えを起こした/Bruce Bennett/Getty Images

(CNN) 米サウスウエスト航空の操縦士らが機内トイレに隠しカメラを仕掛け、操縦室内のタブレット端末にライブ映像を送っていたとして、客室乗務員が訴えを起こした。

原告は同航空の客室乗務員、レネー・スタイネカーさんと、夫で同じく客室乗務員のデービッドさん。操縦士らがプライバシーを侵害し、レネーさんに精神的苦痛を与え、セクハラや報復行為に及んだとして、5万ドル(約540万円)以上の損害賠償を求めている。

訴状によると、レネーさんは2017年2月、国内線に乗務した際、トイレに立つ操縦士の要請に応じ、規定に従って代わりに操縦室に入った。この時、室内に置かれたiPad(アイパッド)にトイレ内の様子が映っていることに気付いた。

副操縦士にトイレのライブ映像かと尋ねると、新たな最高機密のセキュリティー対策として、サウスウエストの同型機全てのトイレにカメラが設置されたとの答えが返ってきた。副操縦士はレネーさんに、カメラの件を口外しないよう求めたとされる。

正副操縦士は訴えに対し、操縦室内に私物のiPadがあったこと、レネーさんから質問を受けたことだけを認めている。サウスウエスト航空は、操縦士らがレネーさんのプライバシーを意図的に侵害した事実はないとの立場だ。ただし同航空の報道担当者は26日、CNNの取材に対し、機内トイレにカメラを設置してはいないと明言した。

レネーさんはiPad画面の写真を撮って同僚の乗務員らに見せ、管理責任者にも報告したところ、同僚らとともに薬物検査などを繰り返し受けさせられたり、デービッドさんが集中的な業務監査の対象になったりしたという。同航空側はこのような扱いがあったことを否定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]