機内で30人が鼻や耳から出血、旅客機引き返す インド

機内で30人が鼻や耳から出血/INDRANIL MUKHERJEE/AFP/AFP/Getty Images

機内で30人が鼻や耳から出血/INDRANIL MUKHERJEE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) インドのムンバイからジャイプールに向かっていた同国ジェットエアウェイズの旅客機が20日、機内の気圧が低下して乗客約30人が鼻や耳からの出血を訴えたため、ムンバイに引き返した。

ハプニングが起きたのは乗客166人と乗員5人を乗せたジェットエアウェイズ9W697便(ボーイング737型機)。同社によると、ムンバイに引き返して無事着陸した。乗客はターミナルに誘導され、耳の痛みや鼻血などの症状を訴えた数人が応急手当てを受けたという。

CNN系列局のCNNニュース18は民間航空当局者の話として、乗員が圧力調整ボタンを押し忘れたために機内の気圧が低下して、酸素マスクが下りてきたと伝えている。

ジェットエアウェイズ広報も、「機内の気圧が低下したためムンバイに引き返した」と説明しているが、乗員が圧力調整ボタンを押し忘れたという情報については確認を避けた。

ツイッターに投稿された動画には、乗客が酸素マスクを使う様子が映っている。乗客の男性はCNNの取材に対し、「鼻血を出している人がたくさんいた」「一瞬だけ酸素マスクを外すと、かなりの息苦しさと暑さを感じた。乗員からは何の発表もなく、どうすればいいのか誰も分からなかった」と話している。

この男性によると、同便の乗客はその後、別の便に搭乗したという。

ジェットエアウェイズによると、同便の操縦室に乗務していた乗員は、調査結果が出るまで勤務から外された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]