購入した靴下に「人骨」、英ファストファッション店

プライマークは今回の騒ぎを受け購入者に謝罪を表明した/Matthew Horwood/Getty Images

プライマークは今回の騒ぎを受け購入者に謝罪を表明した/Matthew Horwood/Getty Images

(CNN) 英サセックスの警察は26日までに、ファストファッションのチェーン店で顧客が購入した靴下1組の中に人骨とみられるものが見付かり、捜査していると報告した。

コルチェスターにある「プライマーク」店で靴下を買ったのは昨年12月10日で、被害は今月2日に判明していた。

警察は声明で、骨は最近の外傷などの結果生じたものとは見られず、皮膚などの付着物もなかったとした。

プライマーク社の報道担当者は今回の騒ぎを受け購入者に謝罪を表明。事態を深刻に受け止めているとし、靴下が製造された契約企業の工場を調査したものの生産過程などで紛れ込んだことを示唆する証拠は一切なかったと説明した。

その上で個人が不明の理由で靴下内に入れた可能性が強いとの見方を示した。

英領北アイルランドにあるプライマーク店では2014年、女性客が購入したズボン1着の中に中国の刑務所内で奴隷のような環境の中での懲役活動を訴えるメモ用紙が見付かる騒ぎもあった。刑務所の服役者カードとみられるものも入っていた。

プライマーク社は当時、声明を出し、強制労働で生産された衣類を調達していることを否定していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]