次のW杯はカタール、ビジネスチャンス狙う地元起業家たち

2022年のW杯カタール大会で試合会場となるハリーファ国際スタジアム

2022年のW杯カタール大会で試合会場となるハリーファ国際スタジアム

(CNN) サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の激闘が幕を閉じた。4年後の2022年の開催国はカタール。10年に開催権を獲得した時、アリ・エルダス氏はまだ十代の少年だった。現在25歳のエルダス氏は、自国で開催される「サッカーの祭典」をビジネスの好機として最大限に生かそうと考えている。

エルダス氏は、カタールの首都ドーハに拠点を置く、バーチャルリアリティー(VR=仮想現実)を専門とする新興のハイテク企業アーベックスの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)だ。

アーベックスは、ドーハにあるハリーファ国際スタジアムの360度のVRツアーの提供を手掛ける。ハリーファ国際スタジアムは、22年のW杯で使用される8会場のうち最初に建設されたスタジアムだ。

このVRツアーでは、選手用の更衣室やピッチなど、スタジアム内のあらゆる物を見ることができるという。この試みが成功すれば、カタールの他のW杯会場のVRツアーも提供されることだろう。

変化するカタール

資源豊かなカタールは、史上初の中東でのW杯開催を実現するために惜しみなく資金をつぎ込んできた。

カタール当局によると、昨年は1週間に5億ドルもの資金が使われた時期もあるという。新たにスタジアム、道路、ホテル、地下鉄が建設されるなど、W杯への準備が進むにつれ、カタールはその姿を変えつつある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]