「ホームレス対策税」案が浮上、大企業対象 米シアトル

シアトル市で「ホームレス対策税」が検討されている

シアトル市で「ホームレス対策税」が検討されている

ニューヨーク(CNNMoney) 米シアトル市の市議会が深刻化するホームレス増加と住宅難の問題に対処するため大企業の人件費に新たな課税を検討していることが28日までにわかった。

従業員1人の1時間当たりの就業に26セント課すことを想定。年間の合計額では全ての正規従業員にとって1人当たり約540ドル(約5万8860円)となる。新税で得られる財源は年間7500万ドルで、4分の3は適正な売却価格の住宅建設に、残りはホームレス用の保護施設整備などに充てられる。

この課税案を提案した市議によると、実現した場合、影響を受ける市内の企業主は3%以下の約585社となる。市議会の資料によると、新税は2021年までに0・7%の給与支払い税に衣替えされ、7500万ドルの歳入となる。

シアトル市の経済は好況で、住宅市場も活況を呈している。ただ、住宅費の高騰はホームレス問題の主因ともなっている。住宅費の値上がりは長期の居住者以上に支払い能力がある住民が雇用を求めて流入してくるのが一因。手ごろな値段の住宅建設も遅れ気味となっている。

シアトルにはアマゾンやスターバックスなどの大企業が本拠を構える。新税で最も影響を受けるのは、民間企業では市内最大の雇用主であるアマゾンになるとみられる。市内で働く社員は4万5000人以上で、年間2000万ドル以上の追加出費を強いられる可能性がある。

新税提案の市議は、市の歳入は逆進的な不動産税や消費税に既に大きく依存しており、経済成長から最も恩恵を受けている企業に新たな負担を求めるのが最善の選択肢としている。シアトルには所得税の制度はなく、企業は事業税などを支払っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]