NY株が急反発、ダウ平均は前日比567ドル高

NY株が急反発、ダウ平均は前日比567ドル高

NY株が急反発、ダウ平均は前日比567ドル高

ニューヨーク(CNNMoney) 6日の米ニューヨーク株式市場は急反発し、大企業で構成するダウ工業株平均は過去最大の下落幅を記録した前日の終値に比べ567ドル高で取引を終えた。

ダウは取引開始直後に前日比567ドル安まで下げたが、その後は急上昇し、5日に下落した分のほぼ半分を取り戻した。

6日の上昇幅は2015年8月以来、史上4番目の大きさとなった。

より多くの銘柄を含むS&P総合も1.7%高と、16年11月以来の上昇率で取引を終えた。

5日の大幅続落にもかかわらず、投資家が米経済は依然として強いと判断した結果とみられる。

投資家心理の指標とされるVIX(恐怖指数)は、5日に続いていったんさらに上昇したがその後落ち着き、取引終了の時点では前日比で20%下がっていた。

16年大統領選でトランプ氏が当選してからのダウ上昇幅は一時8000ドルに達していたが、今回の急落と急反発を経て6500ドルとなった。最近は減税への期待などで過熱気味になっていたこともあり、冷却期間が必要だとする声が強まっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]