ディズニー、21世紀フォックスの映画事業など買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディズニーが21世紀フォックスの映画事業など買収を発表

ディズニーが21世紀フォックスの映画事業など買収を発表

ロンドン(CNNMoney) 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、21世紀フォックスの映画やテレビなどコンテンツ事業の大半を524億ドル(約5兆8800億円)で買収する計画を発表した。

ディズニーの展開する有料ケーブルテレビ事業は、米ネットフリックスのようなストリーミングサービスの台頭によって脅かされつつある。今回の買収によって業界の再編を促し、ハリウッド大手2社のコンテンツを組み合わせてデジタル業界に対抗する。

ディズニーはフォックスの映画事業や地域スポーツネットワーク事業、ケーブルチャンネルのFXおよびナショナル・ジオグラフィックを買収するほか、動画配信サービスのHulu(フールー)や、欧州の有料テレビ局スカイの株式も取得する。

フォックスは買収完了前に、放送事業やニュースチャンネル、ビジネスネットワーク、全米スポーツネットワークなどの事業を切り離し、新会社として独立させる。フォックスを率いるメディア王ルパート・マードック氏の14日の発表によれば、こうした事業はいずれニューズ社と合併させることを目指す。

スポーツ専門チャンネルのESPNなどを主力とするディズニーは、消費者のテレビ離れが進み、ネットフリックスのような直接配信型のストリーミングサービスが台頭する中で、苦戦を強いられていた。

今回の買収によってディズニーは、ストリーミングサービスを中心とするコンテンツの拡充を図る。フールーの買収に加えて、スポーツとエンターテインメントを専門とする2つのストリーミングサービスを立ち上げる計画で、ネットフリックスを通じたコンテンツの配信は中止する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]