エア・カナダ機、誤って誘導路に着陸試みる 他機とあわや衝突

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
操縦士による誘導路への誤着陸は過去にも複数回発生している

操縦士による誘導路への誤着陸は過去にも複数回発生している

滑走路と間違えて誘導路に着陸するというのは通常まず起こるはずのない事象だが、途中で気づかなければ大惨事を引き起こす。

滑走路と誘導路は操縦士が視認できるように灯火によってはっきりと区分されているものの、2009年にはアトランタ、15年にはシアトルの空港でそれぞれ航空機による誘導路への誤着陸が発生している。どちらのケースでも負傷者は出ていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]