原発のインターン採用に水着審査、批判受け謝罪 チェコ

原子力発電所がインターン採用に水着審査を実施し、批判を浴びている

原子力発電所がインターン採用に水着審査を実施し、批判を浴びている

(CNN) チェコの原子力発電所が、インターン採用審査の名目で女性生徒の水着写真をフェイスブックに掲載して、批判の的になっている。同社は後に謝罪のコメントを掲載した。

水着写真を掲載したのはチェコ電力テメリン原子力発電所。高校を卒業する女子生徒10人がビキニ姿でヘルメットを着けた写真を並べ、「いいね」の獲得数が最も多かった女性を「ミス・エネルギー2017」に選んで2週間のインターンとして採用するとした。

同社はこの写真について、「とてもいい趣味だと思う」「美しさと産業環境の組み合わせが興味深い趣を出している」ともコメントしている。

しかしこの投稿は強い反発を招き、「若い女性の半裸写真の『いいね』の数が、『プロフェッショナル』を標榜(ひょうぼう)する就職機会の基準としてふさわしい、あるいは趣味がいいとでも?」といった声が寄せられた。

同原発は2日後に謝罪の投稿を掲載し、女性10人全員をインターンとして採用すると発表した。「今回の審査の目的は技術教育の推進にあった」「しかし不信や疑念を生じさせたのであれば、非常に申し訳なく思う」としている。

チェコ電力のウェブサイトによると、テメリン原発は同国で最大規模の電力を供給している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]