アマゾンのベゾスCEO、あと50億ドルで「富豪世界一」に

2017.06.19 Mon posted at 15:22 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産が、世界の富豪ランキング首位まであとわずか50億ドル(約5500億円)まで迫っていることが19日までに分かった。

米ブルームバーグによると、ベゾス氏の資産評価額はアマゾンの株価上昇を受けて最近さらに18億ドル拡大し、約846億ドルに達した。これは世界の富豪ランキングでトップに立つ米マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏に迫る額だ。

ゲイツ氏は2010年、富豪ランキング4位の米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏とともに、富豪らに資産の半分以上を慈善事業に寄付するよう呼び掛ける活動「ギビング・プレッジ」を開始した。すでに150人以上が参加しているが、ベゾス氏の名前はない。

ゲイツ氏は00年にマイクロソフトCEOから退き、同社の日常業務からは次第に身を引いてきた。現在は慈善活動に専念している。ただ現在もマイクロソフト株の2%余りを保有しているため、資産は増え続けている。

一方ベゾス氏は、アマゾン創業時から変わらない姿勢で同社の指揮を執っている。同社は先週、米高級食材チェーン大手ホールフーズ・マーケットとの買収合意を発表したばかりだ。

メールマガジン

[PR]