ランボルギーニ、最速325キロの警察車両を引き渡し 伊

2017.04.01 Sat posted at 14:51 JST

[PR]

(CNN) イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニは1日までに、警察向けに改良した最新のスポーツカー「ウラカン」を同国内務省に引き渡す式典を行った。同車は近く、イタリア北部の道路で任務を開始する見通し。

ランボルギーニ社によると、同車は血液や臓器の緊急輸送といった特別任務に使用されるほか、北部ボローニャ周辺を走る高速道路でパトロールに当たる見込みだという。専門はやはり、スピード違反車の追跡になりそうだ。

同車には標準仕様の四輪駆動や、アルミと炭素繊維の複合素材を用いた車台のほか、車載式のタブレットなど犯罪対策用のガジェットを搭載。警察のステッカーも貼り、イタリア警察の公式色であるミディアムブルーに塗装されている。

また銃ケースや携帯用消火器、超短波無線なども搭載する。ボンネットの下には610馬力を出すことができるV型10気筒エンジンを備え、静止状態から3.2秒で時速約100キロに加速。最高時速は325キロに達する。

イタリアではこの他にも、もう1台のウラカンが首都ローマの交通警察により2015年から運用されている。またアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでは、警察が「アストンマーチン・ワン77」や「ベントレー・コンチネンタルGT」などを保有するほか、最高時速407キロの「ブガッティ・ベイロン」も擁している。

メールマガジン

[PR]