メキシコ、米国産トウモロコシ標的に輸入縮小の動き

NAFTAの締結後、米国からメキシコへのトウモロコシ輸出は急増した

NAFTAの締結後、米国からメキシコへのトウモロコシ輸出は急増した

米国はトウモロコシの生産、輸出でともに世界一。NAFTAの締結後、メキシコ向けの輸出は急増しており、直近のデータである2015年の輸出額は24億ドル(現在のレートで約2700億円)だった。

メキシコへのトウモロコシの輸出縮小は、米国内の生産者にとって大きな打撃になると専門家は警鐘を鳴らす。農業マネジメント会社DTNの上級アナリスト、ダーリン・ニューソム氏は「メキシコがブラジルからの輸入を開始すれば、影響はトウモロコシ市場にとどまらず、他の農業分野にまで波及していくだろう」と予測した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]