米大統領顧問がイバンカ・ブランドを宣伝 倫理法規違反か

2017.02.10 Fri posted at 18:07 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) トランプ米大統領の顧問を務めるケリーアン・コンウェイ氏が9日、テレビ番組で大統領の娘イバンカさんのファッションブランドを宣伝して物議を醸している。

9日朝、コンウェイ顧問はホワイトハウスからフォックス・ニュースに出演。イバンカさんを「非常に成功したビジネスウーマン」と持ち上げるとともにこう述べた。

「イバンカの製品を買いに行ってください。すばらしい製品ラインだから。私もいくつか持っています。いっそのことここで無料のCMを流しましょう。皆さん、今日買いに行ってください。ネットにもありますよ」

米連邦法では、公務員は「いかなる製品やサービス、事業、友人や親族などの個人的な利益のために」自分の地位を利用してはならないと定められている。

政治倫理問題に詳しい弁護士や議員、行政を監視する非政府組織の関係者らからは、コンウェイ氏の発言に対する調査を求める声や、発言は倫理法規に違反するとはっきり指摘する声が出ている。

メールマガジン

[PR]