ロシア富裕層、米不動産に熱視線 米ロ関係の改善に期待か

ロシアの富裕層が米国の不動産に興味を示しているという

ロシアの富裕層が米国の不動産に興味を示しているという

ロンドン(CNNMoney) 米大統領選でドナルド・トランプ氏の当選が決まった後、ロシアの富裕層による米国内の不動産物件の物色が加速していることが11日までにわかった。

国際的な不動産コンサルティング企業「ナイト・フランク」が明らかにした。ロシアのプーチン大統領を強力な指導者としてたたえるトランプ氏の当選で、ロシアと欧米の関係が早急に改善するとの思惑が背景要因とも指摘されている。プーチン大統領は米大統領選中、民主党のクリントン前国務長官よりトランプ氏が望ましいとの考えを公にしていた。

ナイト・フランク社によると、米国内の豪華物件への関心を示すロシア人はトランプ氏勝利が決まった後、前年比で35%増加。休暇用の自宅確保や投資対象としての不動産購入の動機が目立つ。顧客の要望などを見た場合、ほぼ全てが50万ドル(約5750万円)から500万ドルまでの住宅物件への興味を示し、商業用の不動産取得は10%だったという。

物件を選ぶ上での人気の都市はニューヨークとマイアミとなっている。

トランプ氏が関与する開発事業に絡んだ不動産購入に乗り気を見せる少数の顧客もいる。また、米国の開発業者からはロシアとの協力を期待する問い合わせも来ているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]