男性の「助言」にうんざり、性差別対策の相談電話誕生 スウェーデン

働く女性は、男性からの押しつけがましい助言の被害者になるケースが多いという

働く女性は、男性からの押しつけがましい助言の被害者になるケースが多いという

(CNN) 北欧スウェーデンの最大労組「ウニオネン」がこのほど、女性が職場で男性の同僚から押し付けられているとする不要な助言などの被害に対処するホットラインを開設した。

職場での性差別の行動への自覚を深めるための対策の一環。ホットラインは暫定的な措置としているが、無休で毎日の午前10時から午後4時まで開設している。男女の計20人が相談に応じる。これまで215件を超える連絡があり、ソーシャルメディア上でもより多くの反応があるという。

同労組の代表はCNNの取材に「男女平等に関してスウェーデンは十分な先進国だが、処理すべき課題はまだ多数ある」と指摘。「男女間の接し方を変える最初の1歩になるような話し合いを始めたい」とホットラインの意義を語った。

スウェーデンは、ダボス会議で知られる世界経済フォーラムによる各国の男女格差(ジェンダーギャップ)指数で4位に入るなど、職場での平等意識が進んだ国とされている。ただ、ウニオネンが最近実施したアンケート調査では、女性の従業員らが男性から不必要と考える説明などを再三受けているとする実態が浮き彫りになったという。男性のこの種の行動は「mansplaining」とも呼ばれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]