ナチス幹部ゲーリングの「黄金銃」 米で競売へ

2016.08.07 Sun posted at 14:34 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米イリノイ州の競売企業は7日までに、ナチス・ドイツの最高幹部の1人だったヘルマン・ゲーリング空軍総司令官が所持していた銃身などに純金をあしらった半自動式の短銃を今年9月の競売に出品すると発表した。

この銃はワルサーPPKで1939年の製造。同競売企業「ロック・アイランド・オークション・カンパニー」によると、銃身などには金を使ってドイツ伝統のカシワの葉やドングリの実の模様がほどこされ、握りの部分にはゲーリングのイニシャルや家紋が刻み込まれている。

この銃の評価額は25万ドル(約2550万円)から40万ドル(約4080万円)の間と推定されている。

9月9日から同11日まで開かれる競売にはこの他、華美な宝石類を好んだとされるゲーリングの金の指輪やカフスボタンも出品される。

ゲーリングは第1次世界大戦時、空軍パイロットとして活躍し、2次大戦ではヒトラーの側近の1人としての権勢を誇り、空軍戦略の最高責任者ともなっていた。ロンドンなど欧州諸都市の空爆作戦を仕切っていた。

一方で、ナチスが進めたユダヤ人大虐殺の時期、資産や貴金属類などの強制没収への関与も指摘されている。戦後にドイツ・ニュルンベルクで開廷したナチス犯罪を裁く軍事法廷で戦争犯罪に問われ死刑判決を受けたが、執行前に自殺していた。

メールマガジン

[PR]