バングラデシュ中銀、多額の不正送金被害 回収に全力

不正送金の標的となったバングラデシュ中央銀行の口座があるニューヨーク連銀

不正送金の標的となったバングラデシュ中央銀行の口座があるニューヨーク連銀

ニューヨーク(CNNMoney) バングラデシュ中央銀行が、ニューヨーク連銀の口座から1億100万ドル(約115億円)を不正送金される被害に遭っていたことを明らかにした。盗まれた現金は回収できる見通しだとしている。この事件について同国財務相が15日にも発表を予定しているという。

ニューヨーク連銀によると、何者かが2月5日にバングラデシュ中銀の口座から5回の送金取引を成立させた。送金の指示はバングラデシュのサーバーから出されたように見え、正規の銀行コードを使って取引が承認されていた。銀行コードがどのような手口で盗まれたのかは不明。

盗まれた1億100万ドルのうち、8000万ドルはフィリピンの口座に振り込まれ、2100万ドルはスリランカの口座に振り込まれていた。

バングラデシュ中央銀行は、スリランカの口座に送金された現金については全額を回収し、フィリピンの口座は凍結させることができたと説明。現金の回収に向け、フィリピンの金融情報機関と緊密に連携しているとした。

犯人グループはさらに8億5000万ドルを盗もうとしたが、この取引はニューヨーク連銀が承認しなかった。

ニューヨーク連銀は、同行のシステムに何者かが不正侵入した形跡も、不正侵入を試みた形跡もないと強調している。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、フィリピンのマネーロンダリング対策機関が容疑者の摘発について15日に発表を予定していると伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]