米国の若者、出費の筆頭はピザ 送金アプリの記録で判明

送金アプリの分析から、ピザを頻繁に食べる米国の若者の消費傾向が明らかになった

送金アプリの分析から、ピザを頻繁に食べる米国の若者の消費傾向が明らかになった

ニューヨーク(CNNMoney) 米国の若者が友人との外出で出費する回数が最も多いのはピザの代金――。送金アプリ「Venmo」の利用データを調べておカネの使い方を分析した結果、そんな傾向が浮かび上がった。

Venmoは主に20~30代の若者が小切手の代わりに使っている人気アプリ。友達同士の送金などに手軽に利用できる。

送金の際は簡単なメッセージを添えるというユニークな機能があり、ここに絵文字が使われることも多い。Venmoでは、この夏に送信件数が多かった絵文字を都市別に調査した。

その結果、圧倒的に多かったのはピザのアイコンで、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ボストンの各都市でトップだった。

例外として、タクシーの相乗りが多いニューヨークはタクシー、ビール文化が主流のフィラデルフィアはビールで乾杯のアイコンがそれぞれ筆頭だった。

ほかには家賃のアイコンや、ナイフとフォークの食事アイコンも多数を占めた。

この秋にはシカゴ、ボストン、フィラデルフィアでアメリカンフットボールの人気が上昇。チケット代や観戦パーティーといった関連イベントの代金を友人同士で負担し合っている様子がうかがえる。

Venmoは手数料無料で送金でき(クレジットカードを利用する場合を除く)、友人が同じ銀行に口座を持っていなくても利用できる。今年7~9月期に送金された総額は21億ドル(約2500億円)と、前期の16億ドルから大幅に増えた。

2013年には決済サービスの米ペイパルに買収され、いずれペイパルに対応した小売店での決済にも利用できるようになる見通しだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]