英ランドローバーの伝統モデル「ディフェンダー」、生産終了

2016.01.29 Fri posted at 12:52 JST

[PR]

(CNN) 英国を象徴する車として戦後60年以上にわたって親しまれてきたランドローバーの伝統モデル「ディフェンダー」の生産が、今週で打ち切りになる。

ディフェンダーは1948年、英国ブランド「ローバー」の再建を図る一環として、主に農作業や軍用向けに「ランドローバー」の名で売り出された。しかしローバーの普通車を大きくしのぐ売り上げを記録したことから、ランドローバーのブランドが定着した。

その後のデザインには数多くの変更が施され、「ディスカバリー」「フリーランダー」などの新モデルも登場。最初のランドローバーにはディフェンダーの名が付いた。

その耐久性の高さの証として、これまでに生産された200万台のうち3分の2は、今も現役で使われている。

英国では警察や軍に広く普及し、ステータスシンボルとして政治家や軍人、ロックスターも愛用。王室ご用達の車になり、ボンド映画でも有名になった。

しかし60年以上の歴史を経て、衝突試験や排ガス規制が壁となり、生産中止が決まった。

ランドローバーのDNAを受け継ぐ後継モデルが登場するまでには、少なくとも数年はかかる見通しだ。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]