子どもと警官がバスケ対決、元NBAスターも飛び入り 米

子どもたちにとって忘れられない思い出に

(CNN) 米フロリダ州で、バスケットボールに興じる子どもたちの声がうるさいという苦情を受けて出動した警官が、ゲームをやめさせる代わりに自分も加わって一緒にプレーする出来事があった。警官は後日、再試合の約束を守って元有名選手を連れて現れ、子どもたちを大喜びさせた。

フロリダ警察ゲインズビル署に所属する警官のボビー・ホワイトさんは、苦情の通報で現場に出動した。ところが道路でバスケをしていた子どもたちを叱ったりゲームを中断させたりはせず、一緒になってシュートに挑み始めた。

警察署はパトカーのカメラでこの場面を映した動画をフェイスブックに投稿。「子どもは子どものままでいい。私たちは犯罪者を取り締まる。#バスケは犯罪ではない」という一文を添えた。

ホワイトさんは帰り際、「また再試合をしに戻ってくるから」と子どもたちに約束していた。その言葉通りに翌日戻ってきたホワイトさん。今度は同僚の警官チームも一緒だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]