米製薬企業ISIS、社名変更を検討 パリ同時テロ受け

2015.11.19 Thu posted at 18:37 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米カリフォルニア州に拠点があるバイオテクノロジー企業「Isisファーマシューティカルズ」は19日までに、過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との関係を想起しかねない社名の変更を検討していることを明らかにした。

同社の社名は良好な健康状態を象徴するエジプトの女神にちなんだものだが、現在の国際情勢下では人々が「Isis」の言葉を聞いた場合、女神の由来は思い浮かばないとしている。

同社はCNNMoneyの取材に応じ、社名変更についての最終決定は下されておらず、候補となっている新たな名前も明らかではないと説明。同社の広報担当などの副社長は名前自体が多くの否定的な意味合いを帯びているとし、この状態は今後も明らかに改善しないと指摘した。

社名変更の考慮については、パリで少なくとも129人が殺害された同時多発テロ事件の影響も多少あると認めた。同社は昨年の時点で、社名や株式市場での証券コード「ISIS」の変更を迫られるような圧迫感は受けていないとCNNMoneyに明らかにしていた。

同社はがん治療、心臓疾患や神経障害用などの薬を製造している。

同社の株価は16日、4%下落したが、下落を引き起こしそうな発表文は出していない。ISISが犯行を認めたパリのテロ事件と関係があるのかは不明となっている。同社の副社長は株価の低下についてがん治療薬を販売するライバル企業の株価暴落との関連性を指摘した。

メールマガジン

[PR]