英、諜報要員を1900人増強へ ISIS対策で

英国のキャメロン首相。諜報部門の人員増強でISISの脅威に対抗する

英国のキャメロン首相。諜報部門の人員増強でISISの脅威に対抗する

ロンドン(CNNMoney) フランスの首都パリで起きた同時多発テロなどを受け、英政府が、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」への対応の一環として諜報(ちょうほう)部門の人員を1900人増強する方針であることが17日までに分かった。実現すれば人員は15%増の1万5000人規模となり、2005年にロンドンで発生した同時テロ以来、最大規模の増強となる。

英政府は、英国に対するイスラム過激派のテロ計画の増加や、ベルギーやフランス、チュニジアなどでの襲撃の増加を受け、キャメロン首相が人員の増強を決めたと説明した。

キャメロン首相によれば、対テロの軍事費について、今後5年間で30億ドル(約3700億円)の支出増を予定している。

新しく雇用される人員は、MI5とMI6、政府通信本部(GCHQ)の3つの情報機関で働くことになる見通し。

英国は3つの情報機関に対し、年間約20億ポンド(約3750億円)を支出している。

英国はまた、国外の空港の保安状況を確認するための支出を2倍以上に拡大することも計画している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]