CNN EXCLUSIVE

「殺戮だった」、生存者が語るテロの現場 CNN EXCLUSIVE

極限状態のなか、心に浮かんだこととは

(CNN) 今月13日に発生したパリの同時多発テロでは、コンサートホールやスタジアム、レストランなどが襲われ、100人を超える死者が出た。襲撃現場に居合わせながらも助かった人もいた。そんな生存者の1人、イソベル・ボーダリーさん(22)にCNNが話を聞いた。

南アフリカ・ケープタウン大学の卒業生であるボーダリーさんが、コンサートホール「ルバタクラン」での目撃談をフェイスブックに投稿すると多くの反応があった(投稿は現在、一般公開されていない)。

投稿によれば、その日の夜は、いつもの楽しいロックコンサートのように始まった。コンサートホールの入り口から襲撃者が入ってきたときも、最初は皆、演出の一部だと思ったという。

しかし、混乱はすぐさま恐怖へと変わった。

ボーダリーさんは投稿に、「あれはただのテロ攻撃ではなかった、あれは殺戮(さつりく)だった」と書いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]