誰も信じない中国のGDP統計――そこから見えるものとは

中国政府は今年の経済成長率目標を7%に設定

中国政府は今年の経済成長率目標を7%に設定

ニューヨーク(CNNMoney) 世界2位の経済大国である中国が先ごろ発表した同国の2015年7~9月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%の増加だった。ほとんど誰もこの数字を信じていないかもしれないが、そこから見えてくるものもありそうだ。

中国共産党は安定性を最も重要視する。中国政府は今年の経済成長率目標を7%に設定しており、それに近い数字が出てきても驚きはない。

駐中国米大使を務めた経験を持つステープルトン・ロイ氏によれば、かつて中国の首相に中国の統計はどのくらい信頼性があるのか尋ねたところ、「信頼性はないが、風がどちらに吹いているかを教えてくれる」との答えが返ってきたという。

最新のGDPの数字が教えてくれるのは、中国政府でさえ、国内経済が世界的な金融危機以来最悪の水準にあると認めたということだろう。

中国経済は「小さなパニック」にはあるかもしれないが、緊急手術が必要というわけではなさそうだ。世界中の投資家もこれを分かっている。そのため、8月に起きたような株式市場の暴落は起きなかった。

より重要なのは、中国の消費者が支出を続けているというしっかりとした兆候が見えることだ。小売りや不動産販売は上昇しており、製造業の落ち込みの相殺につながっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]