368人の求人に230万人の応募が殺到 インド北部

2015.09.22 Tue posted at 12:45 JST

[PR]

香港(CNNMoney) インド北部のウッタルプラデシュ州がこのほどお茶くみ係と警備員を募集したところ、368人の求人に対して230万人の応募が殺到する事態になった。

州の人口のほぼ1%が応募した計算。州当局者は地元メディアに対し、もし全員の面接を行った場合、採用までに4年はかかると説明した。

この求人に応募したある男性は、電子工学と通信工学の学位を持っているという。テレビ局の取材に対して男性は、どんな仕事でも失業よりはましだと話し、「どこにも仕事がない。だから求人を見て即座に応募した」と語った。

インドでは毎月100万人のペースで労働者が増加し、雇用情勢が改善する兆しは見えない。そうした中、福利厚生が行き届いて給与も比較的高く、安定している公務員の人気は根強い。社会保障制度が確立されていないインドでは、公務員の年金も魅力だと経済学者は解説する。

モディ首相は、2022年までに1億人の雇用創出を目標に掲げる。しかし金融大手ソシエテ・ジェネラルの専門家は、この目標は「達成不可能」との見方を示し、労働法の刷新や税制改革、行政改革が必要だと指摘している。

メールマガジン

[PR]