アングリーバードのロビオ、社員の4割削減へ 経営資源集中

ロビオが人員削減を発表

ロビオが人員削減を発表

ニューヨーク(CNNMoney) 人気ゲームアプリ「アングリーバード」の開発元ロビオ(フィンランド)は27日までに、従業員を最大で約260人削減すると発表した。全従業員の39%にあたるという。

ロビオは事業を縮小し、少数の製品に経営資源を集中するという。同社が大規模な人員削減を行うのはこの1年で2回目。

この数年、ロビオはアングリーバードのヒットをてこに事業拡大を図ってきた。アングリーバードのテーマパークをはじめ、子ども向けのeラーニング事業や、本、テレビアニメなどを展開している。

ペッカ・ランタラ最高経営責任者(CEO)は声明で、「現在の財務状況のなかで、最も得意とする分野に注力すべきだ」と述べた。

ランタラCEOによれば、来年公開予定のアングリーバードの映画を担当している従業員は対象になっていないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]