トヨタと日産、エアバッグ問題で計656万台をリコール

タカタ製のエアバッグ問題でトヨタと日産がリコール

タカタ製のエアバッグ問題でトヨタと日産がリコール

(CNNMoney) トヨタ自動車と日産自動車は13日、自動車部品大手タカタ製のエアバッグを搭載した乗用車、世界で計656万台のリコールを発表した。

トヨタは2003年3月から07年11月の間に製造した35車種、計500万台が対象。米国内では63万7000台が対象になるとみられる。

日産も04年から07年にかけて製造した156万台をリコールする。

タカタのエアバッグは、展開時に破裂して金属片が飛び散る恐れがあると指摘され、これまでに少なくとも5人の死者が出たと報告されている。

トヨタは追加リコールの理由について、一部のエアバッグでインフレーター(ガス発生装置)に湿気が入り込み、異常な展開が起きやすくなるケースが新たに見つかったためと説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]