ビザなし訪問可能な旅券のランク調査 米英首位、日本4位

世界で一番多くの国に行けるパスポートは?

世界で一番多くの国に行けるパスポートは?

香港(CNNMoney) 金融関連企業「アートン・キャピタル」は18日までに、ビザ(入国査証)なしに訪問可能な国家の数を基にした世界各国の旅券のランキング調査結果をまとめ、米国と英国の147カ国が首位だったと報告した。

空港に到着後、迅速に入手出来るビザも参考材料にしている。数が多い国はそれだけ世界各国との友好な外交関係の構築を示すとの見方もある。

調査結果では、経済力がある先進国などが上位に連ね、2位はフランス、ドイツと韓国の145カ国。スウェーデンとイタリアの144カ国、日本、デンマーク、シンガポール、フィンランド、ルクセンブルクとオランダの143カ国が続き、スイスの142カ国が5位だった。

中国は74カ国、インドは59カ国。ロシアは98カ国だった。

一方、最少は28カ国の南スーダン、ソロモン諸島、パレスチナ自治区、アフリカのサントメ・プリンシペとミャンマー。最下位グループには、38カ国のアフガニスタン、ジブチ、イラク、エチオピアとネパール、39カ国のソマリアとエリトリア、40カ国の赤道ギニア、ブータン、コモロ連合とブルンジ、41カ国のコンゴ民主共和国、イエメン、中央アフリカ共和国とコソボなどが続いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]