ブラジルW杯最大の戦い――アディダス対ナイキ

2014.06.29 Sun posted at 17:51 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 6月12日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会を巡り、ピッチ外でも激しい戦いが繰り広げられている。主役はスポーツ用品大手の独アディダスと米ナイキだ。サッカー用品市場を長らく先導してきたアディダスだが、近年ではナイキが急激な攻勢をかけている。

市場規模は莫大だ。国際サッカー連盟(FIFA)の予想では、1カ月にわたる大会期間中、世界人口の半分近くに及ぶ32億人が試合を観戦する。両社とも大規模なキャンペーンを展開しているが、特にアディダスがこの大会にかける意気込みは強い。

現状ではナイキが世界最大のスポーツウエア企業だ。米調査会社ファクトセットによると、去年の年間売り上げは253億ドルに上る。

一方、2番手のアディダスは年間売り上げ163億ドルとナイキの後塵(こうじん)を拝しているが、W杯とは縁が深い。

同社は1970年以来すべての大会でスポンサーになっており、FIFAのスポンサー最上位にあたる「公式パートナー企業」6社の中に名前を連ねている。今大会ではW杯公式球の開発を手掛けており、さらに、ドイツ、スペイン、アルゼンチン、コロンビアといった優勝候補4カ国のスポンサーにもなっている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]