米国企業の中国離れ? 知財保護や外国企業批判に懸念も

中国市場の行方は?

中国市場の行方は?

香港(CNNMoney) 中国で活動する米国企業の多くが今年は収益の伸びの鈍化や投資・成長の減速を予想している――。そんな調査結果を在中国の米国商工会議所がこのほど明らかにした。

さらに、知的財産や企業秘密の保護についての体制不備を巡って懸念を強まっているほか、中国政府主導による外国企業批判に対しても不満が募っているという。

回答した企業の41%が、中国でのビジネス環境が以前よりも悪くなったと回答。環境が改善したと答える企業はわずか11%にとどまった。中国で活動する外国企業を巡ってはここ数年、国営メディアや規制当局から相次いで批判のターゲットにされてきた経緯がある。

82%の企業は、人件費の増大が中国の競争力を弱めていると回答。国営企業優遇策がビジネスに悪影響を及ぼしているとした企業も同数近くに上る。

当局による厳しいインターネット検閲の弊害を指摘する企業も55%に達した。許認可にあたって中国企業が優遇されているとの不満も漏れる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]