エアバス・ベルーガ 世界一変わった外観の貨物機の秘密

独特の外観を持つ「A300-600ST」。愛称は「ベルーガ」だ

独特の外観を持つ「A300-600ST」。愛称は「ベルーガ」だ

(CNN) 世界で最も奇妙な外観の飛行機の1つを見かけることがあるとすれば、そこはフランス南部の都市トゥールーズかもしれない。

欧州航空機大手エアバスのA300-600STは、見た目がシロイルカによく似ていることから「ベルーガ」の愛称で知られる。しかし見た目が独特なだけではない。ベルーガは欧州の航空機製造において非常に重要な役割を担っている。

エアバスはかつて欧州各国の航空機メーカーのコンソーシアムだったことから生産拠点がヨーロッパ大陸中に点在しており、各工場がそれぞれ異なる機体部品を製造している。

全5機のベルーガはいずれもエアバスが運営し、各工場で製造された旅客機の部品をトゥールーズやドイツ・ハンブルクにある工場の最終組み立てラインに輸送している。

エアバスは1990年代半ばまで、大型部品の輸送に同社のライバルであるボーイングの輸送機C-97を改造した「スーパーグッピー」を使用していた。しかし、スーパーグッピーはエアバスが導入した時にはすでに時代遅れだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]