エアバス・ベルーガ 世界一変わった外観の貨物機の秘密

エアバスは後継機の導入も検討している=同社提供

エアバスは後継機の導入も検討している=同社提供

エアバスはまだ何ら決断を下してはいないものの、新たな貨物機の導入を検討している。

ベルーガXLと呼ばれるこの代替機はA330の機体をベースに作られる可能性が高い。

XLは従来機よりも飛行可能距離が長く、より重い貨物の輸送が可能と見られている。またエアバスが航空機の翼を製造している英ブロートンなど、滑走路が比較的短い空港にも着陸可能だ。

さらにXLの導入により、貨物便数を従来の倍の週120便に増やすことも可能と見られる。

ただ現時点で確実に言えるのは、XLも現行ベルーガと似た外観になるということくらいかもしれない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]