「遺灰」でダイヤモンド、埋葬に代わる選択肢にも 香港

香港(CNN)  香港に住むエバ・ウーさんは2011年1月、17歳だった息子をがんのために失った。生前と同じようにずっとそばにいて欲しいとの思いから、遺灰でダイヤモンドを作り、十字架のネックレスにして身に着けている。「息子が近くにいる気がして心が落ち着く。これは100%あの子だから」とウーさんは言う。

ダイヤはスイスに本社を置くアルゴダンザの香港法人が製作した。アルゴダンザはスイスのロマンシュ語で「追悼」の意味。もともとエンジニアだった香港法人代表のスコット・ファン氏は、07年に親類の死をきっかけとして遺灰ダイヤモンドの需要に思い至る。香港の葬送業は心がこもらず、埋葬の選択肢も少ないと実感していた。

ファン氏によると、ダイヤの製造工程は比較的単純だという。200グラム分の遺灰をスイスの工場に送って炭素を抽出し、純度を99%以上に高めて黒鉛を生成。機械を使って火山並みの高圧と高温をかけ、約9時間で合成ダイヤモンドが出来上がる。ダイヤは人体にある天然成分のホウ素のために青みがかった色になる。

値段は4分の1カラットのダイヤモンドが約3000ドル(約24万円)、最も大きい2カラットで約3万7000ドル(約295万円)。一方、香港で埋葬すれば棺の種類によって2000ドル~20万ドルの料金がかかる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]