CNN取材班の約40メートル先にミサイル着弾 ウクライナ東部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CNN取材班の近くにミサイル着弾 ウクライナ東部

(CNN) ウクライナ東部ドネツク州クラマトルスクで2日、CNN取材班がロシアのミサイル着弾の瞬間に居合わせた。現地では前日夜にミサイルが住宅地に着弾し、少なくとも3人が死亡した。

CNNの取材班は2日に現地入りし、車を止めて外に出た直後に駐車場所前の建物が攻撃を受けた。

CNNのフレデリク・プレイトゲン特派員は「最初のミサイルは我々の場所から約36〜45ヤード(32~41メートル)先に着弾した。すさまじい爆発だった。とても大きなミサイルだったこともわかった」と説明した。

多くの人がそうするように、取材班も安全な場所に移動しようとした。プレイトゲン特派員は「移動するとき、振り返って見上げると2つめのミサイルがまさに同じ建物にもう一度命中した」と語った。

同特派員によると、今回の攻撃で使われたミサイルは通常、飛行機を撃墜するために使われるという。

「これらのミサイルが地上の標的に対して使われれば、精度は非常に低い。当然のことながら、人口密度の高い都市中心部の地上標的物に対して使われれば、なおさら危険だ」と現地から報じた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「ロシア」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]