戦禍の痕跡まざまざと、衛星画像の対比で 激戦地ソレダル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年1月10日のソレダル南部の衛星画像。学校のほか複数の建物が破壊されている/Maxar Technologies/Reuters

今年1月10日のソレダル南部の衛星画像。学校のほか複数の建物が破壊されている/Maxar Technologies/Reuters

それだけにソレダルを制圧した場合、ロシア軍には希少な前進とはなり得るだろう。ただ、軍事的というより象徴的な意味合いにおいてである。米シンクタンク「戦争研究所(ISW)」は、ソレダルの奪取は必ずしもウクライナ軍が握る同州の要所バフムートへつながる重要な地上の後方連絡線をロシア軍が押さえることに直結しないとも見立てた。

一方、ドネツク州のキリレンコ知事は12日、ソレダルには523人の民間人が依然とどまっていることを明らかにした。ウクライナのテレビ番組で述べた。

踏みとどまっている住民の大半は50歳以上とし、子どもがいるのかは不明とした。「彼らが避難を求めていないと言ったら正確ではないだろう。退去を助けるために全力を尽くしている」と語った。

「ウクライナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]