ロシアの飛び地カリーニングラード、次の火種になるかもしれない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バルト海沿岸に位置するロシアの飛び地、カリーニングラードには約百万人が暮らす/Benjamin Furst/Hans Lucas/Reuters

バルト海沿岸に位置するロシアの飛び地、カリーニングラードには約百万人が暮らす/Benjamin Furst/Hans Lucas/Reuters

(CNN) バルト海沿岸に位置するロシアの飛び地、カリーニングラード周辺で緊張が高まっている。孤立しているものの戦略的に重要な領土である同地は近いうちに、ロシアの戦争に巻き込まれる可能性もある。

きっかけはリトアニアが自国領土を通ってカリーニングラードへ入る制裁対象物資の通過を禁止したこと。これを受けロシアは猛反発した。一方、リトアニア側は単に欧州連合(EU)の制裁を順守しているだけだとし、欧州もリトアニアを支持している。

EUはすでにロシア製品を対象とした複数の制裁を発表しており、リトアニアを巡る対立がロシア政府とEUの関係をさらにきしませる恐れもある。

以下にカリーニングラードやその歴史、ロシアにとっての重要性について知っておく必要のある情報をまとめた。

対立のきっかけは?

2月下旬のロシアのウクライナ侵攻開始以降、専門家の間ではカリーニングラードがロシアと欧州の間の緊張の火種になる可能性が懸念されてきた。

カリーニングラードはロシア最西端の領土であり、ロシアで唯一、EU加盟国に周囲を囲まれている。同地とロシアの同盟国ベラルーシの間にはリトアニアが位置し、南側ではポーランドが国境を接している。

ロシアの飛び地、カリーニングラードと周辺国の地図
ロシアの飛び地、カリーニングラードと周辺国の地図

ロシア大統領府のペスコフ報道官は20日、今回の措置には前例がなく違法との見方を示し、「もちろん封鎖の一部に当たる」と指摘。他のロシア当局者も対抗措置を示唆した。

国営RIAノーボスチ通信によると、ロシア安全保障会議のパトルシェフ書記は「ロシアはこのような敵対的行為に必ず対抗する。省庁間で対策を練っており、近いうちに実施する。リトアニア国民に重大な悪影響が及ぶだろう」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]