ロシア、M777榴弾砲を破壊と主張 欧米からウクライナに供与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M777榴弾砲の輸送の準備をする米海兵隊。空軍がC17輸送機に積み込む=5月19日、カリフォルニア州マーチ空軍予備役基地/EyePress News/Reuters

M777榴弾砲の輸送の準備をする米海兵隊。空軍がC17輸送機に積み込む=5月19日、カリフォルニア州マーチ空軍予備役基地/EyePress News/Reuters

(CNN) ロシア国防省は22日に動画とともに公表した声明で、欧米諸国からウクライナに提供された155ミリ榴弾(りゅうだん)砲「M777」を狙った攻撃を実施し、破壊したと主張した。

国防省によると、ロシアは「米国製の155ミリ榴弾砲」を破壊するため高精度の砲撃を行った。

破壊されたとされるM777榴弾砲の数は不明だが、ロシアが同様の主張をするのは初めてではない。

CNNはロシアの主張に関してウクライナ当局者にコメントを求めたものの、返答はない。

CNNはM777榴弾砲の破壊を独自に検証できなかったが、ロシアとウクライナ双方の消耗が高い水準に達している状況は広く認知されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]