アフガン東部地震、死者1000人超える 飢餓と経済危機に追い打ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地震による負傷者を運び出す=22日/AP

地震による負傷者を運び出す=22日/AP

(CNN) アフガニスタン東部で22日に発生したマグニチュード(M)5.9の地震で、地元当局者によると、死者は1000人を超えた。負傷者も多数出ている。

イスラム主義勢力タリバンが統治するアフガンは現在、飢餓や経済危機のただ中にあり、困難な時期に今回の地震に見舞われた形だ。

米地質調査所(USGS)によれば、地震は午前1時24分ごろ、パキスタンとの国境に近いホースト市の南西約46キロの地点で発生した。震源の深さは約10キロ。

州の災害対策当局によると、死者の大半はパクティカ州の4つの地区に集中している。

パクティカ州の情報文化当局トップはCNNの電話取材に対し、同州の2つの地区だけで少なくとも1500人が負傷したと明らかにした。捜索活動が続くにつれ、死傷者の数は増える見通しだとしている。

地震は午前1時24分ごろ、パキスタンとの国境に近いホースト市の南西約46キロの地点で発生した/Pajhwok Afghan News
地震は午前1時24分ごろ、パキスタンとの国境に近いホースト市の南西約46キロの地点で発生した/Pajhwok Afghan News

災害対策当局によれば、隣接するホースト州では25人が死亡、数人が負傷。ナンガルハル州でも5人が死亡した。

パクティカ州からの写真には、複数の民家ががれきと化して壁1~2枚しか残っていない様子や、折れた屋根の梁(はり)が写っている。

アフガンの水資源管理の専門家は、今回の地震はモンスーンの豪雨とタイミングが重なったため、泥などの自然素材でつくられた伝統的な住宅は特に脆弱(ぜいじゃく)な状態だったとの見方を示す。

この専門家はまた、地震が夜間に起きたこと、震源の深さが10キロと浅かったことも死傷者の増大につながったと指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]