岸田首相、ロシア産石油の「原則禁輸」を表明 G7の結束重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の岸田文雄首相=9日/The Yomiuri Shimbun/AP

日本の岸田文雄首相=9日/The Yomiuri Shimbun/AP

(CNN) 岸田文雄首相は9日、ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁措置として、ロシア産石油の「原則禁輸」を表明した。

首相はこの日、主要7カ国(G7)首脳とウクライナのゼレンスキー大統領によるオンライン会談に出席した。

終了後の記者会見で、G7の結束が重要な時だと強調。「G7首脳声明も踏まえ、ロシア産石油の原則禁輸という措置をとることとした」と述べた。

エネルギー資源の大部分を輸入に頼る日本としては「大変厳しい決断」だとも語った。

ただし、禁輸の具体的な時期は明言しなかった。

日本はエネルギー調達先の多様化を図るため、ロシアからも原油を輸入してきた。政府が先月発表したデータによると、昨年の原油輸入量に占めるロシア産の割合は3.6%だった。

萩生田光一経済産業相は今月、日本の資源には限界があるため、ロシア産石油の禁輸で欧州連合(EU)とただちに足並みをそろえることは難しいと語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]