ロシアの平和条約交渉打ち切り、「断じて受け入れられず」 岸田首相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国会で答弁を行う岸田文雄首相=22日/he Yomiuri Shimbun/AP

国会で答弁を行う岸田文雄首相=22日/he Yomiuri Shimbun/AP

(CNN) 岸田文雄首相は22日、ロシアが北方領土問題を含む平和条約交渉の打ち切りを表明したことに対し、「断じて受け入れられない」と強く抗議した。

岸田氏は国会で、「今回の事態はすべてロシアによるウクライナ侵略に起因」していると指摘。これを日ロ関係に転嫁する対応は「極めて不当」だと述べた。

そのうえで、今後も引き続き国際秩序の根幹に沿って、国際社会とともに断固とした行動を取ると表明した。

ロシア外務省は21日、非友好的な立場をとる国との平和条約交渉を続けるつもりはないとして、交渉の中断を表明。北方領土での共同経済活動に関する対話や、ビザなし交流も停止すると述べた。

日本はこれまでに対ロ制裁措置として、最恵国待遇の撤回などを発表。岸田首相はウクライナ侵攻を「歴史に刻むべき非道な行為」と非難し、主要7カ国(G7)と足並みをそろえて制裁をさらに強化していく構えを示してきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]