岸田首相、ロシアには国際社会が毅然とした対応を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岸田首相が国際社会に向け、ロシアに毅然とした対応を取るよう呼び掛けた/Kyodo News/Sipa USA

岸田首相が国際社会に向け、ロシアに毅然とした対応を取るよう呼び掛けた/Kyodo News/Sipa USA

(CNN) 日本の岸田文雄首相は1日、G7(主要7カ国)が国際社会に対し、結束してロシアに対応するよう呼び掛けると述べた。

岸田首相はG7首脳らとの電話協議後、記者団に対し、国際社会のすべてのメンバーが毅然(きぜん)としてロシアの行動に対応することが重要だと述べた。

岸田首相によれば、G7のメンバーである日本とカナダやフランス、ドイツ、イタリア、英国、米国や他の国々は、ロシアによるウクライナへの侵攻を受けて、ウクライナ人難民の支援で合意した。

被爆地広島出身の岸田首相は、核兵器のいかなる利用も容認できないとの見方を示した。

今回の電話協議にはバイデン米大統領をはじめとするG7首脳のほか、ポーランド、ルーマニア、北大西洋条約機構(NATO)の首脳も参加した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]