ロシア軍、ミサイルを計600発発射 戦力の95%がウクライナ領内に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ロシア軍は、ウクライナへの侵攻を開始して以降、計600発のミサイルを発射したことがわかった。米国の防衛当局幹部が6日明らかにした。同当局者によれば、ロシア軍が集結させた戦力のうち約95%がウクライナ領内に投入されたという。

ヘルソンとムィコラーイウで6日も戦闘が継続しているほか、ロシア軍は引き続き、首都キエフやハリコフ、チェルニヒウ、マリウポリを包囲しようとしている。

しかし、ウクライナ側の強い抵抗にあい、ロシア軍の進行速度は鈍化している。

キエフの北部に位置する、約64キロにおよぶロシア軍の車列に動きはなく、キエフとの距離にも変化はないという。このロシア軍は先週、キエフ中心部から約25キロに位置していた。

キエフ上空の制空権をめぐる争いは続いている。

同当局者によれば、ウクライナの人々は国内の大部分で依然として通信手段を持ち、インターネットやメディアにもアクセスできる状態とみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]