仏ロ首脳が電話会談、原発の安全や民間人の避難をめぐり協議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6日に電話会談を行ったフランスのマクロン大統領(左)とロシアのプーチン大統領/Getty Images

6日に電話会談を行ったフランスのマクロン大統領(左)とロシアのプーチン大統領/Getty Images

(CNN) フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は6日、電話会談を行い、ウクライナの原子力発電所の安全性について協議した。クレムリン(ロシア大統領府)が首脳会談の内容を明らかにした。

マクロン氏が原子力発電所の安全性について懸念を表明した際、プーチン氏は、ザポリージャ原子力発電所周辺のウクライナの過激派による挑発行為があったと指摘したという。

プーチン氏は、ロシア軍がウクライナ人職員と協力しており、原子力発電所が通常モードで稼働することを保証していると述べた。放射線についても正常なままだという。

プーチン氏は、こうした詳細については、国際原子力機関(IAEA)も公式に確認したと述べた。

クレムリンの発表によれば、ロシア軍がチェルノブイリ原発を管理下に置いており、ウクライナのネオナチやテロリストによる、破滅的な結果を伴う挑発行為が行われないように保証しているという。

マクロン氏が、ウクライナの核施設の安全性確保に向けた、チェルノブイリ地域でのIAEAとロシア、ウクライナの3者による協議を提案した際、プーチン氏は、そうした考えは原則としては有用かもしれないとしながらも、協議をビデオ会談形式か第三国で開催することを検討することにも意味があるとの見方を示した。

両首脳は民間人の紛争地域からの避難についても協議した。プーチン氏は、そうした喫緊の人道的課題に対する合意について、ウクライナ側が履行していないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]